Windows 10 2018年10月10日の新機能セキュリティ設定の更新

RansomWare保護機能が更新されました。これは、機密データを持つフォルダのファイアウォールとして機能するWindowsセキュリティの[制御フォルダアクセス]セクションの一部です。 Ransomwareや他のマルウェアがあなたのデバイスをハイジャックするのを防ぎます。 1809では、機能を無効にしなくてもブロックされているアプリを許可するように設定が更新されました。それに参加するには、Windowsキーを押してタイプ:ウイルスと脅威の保護とヒットEnterを押します。ページの下部までスクロールして、[RansomWare Protectionの管理]リンクを表示し、[管理フォルダアクセスを介してアプリを許可する]リンクと[最近ブロックされたアプリ \”を選択して、実行したいものを許可します。

その他の変更点は、最新のスキャンに関する詳細を含むVirus&Threat Protectionページに気付くでしょう。そしてスキャンオプションページで、クイックスキャンを実行することを選択できます。また、各セクションに「脅威履歴」や「更新を確認する」などのサブページにアクセスするための専用リンクが含まれているため、ナビゲーションは簡単になります。

いくつかの変更を取得する別の領域は、Windows Defender Application Guardで、Microsoft EdgeでWebページをサンドボックスすることができます。 Windows 10 Enterprise Editionを実行しているIT管理者のパフォーマンスの向上とその他のオプションを取得しています。そして、Windowsセキュリティ設定ページに移動した場合は、マシン上で実行されているセキュリティソフトウェアと、Microsoft Storeのセキュリティアプリケーションを検索するためのリンクのリストが表示されます。

全体的なこれらは大きな変化ではありませんが、ユーザーとITがセキュリティを管理し、PCをハッカーや悪意のあるソフトウェアから保護するためのより簡単な方法を提供します。

クリックしてコメントを解決するキャンセル返信

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です