キーボードショートカット付きのMicrosoft Wordにセント記号を挿入する

まず、NumLockキーがオンのことを確認してください(キーパッドを作業に使用する必要があります)。その後、Alt + 0162を押してALTキーを放します。

このショートカットは、最新のバージョンの単語をすべて扱う必要があります。これがあなたの一部が何らかの時間を節約するのに役立つことを願っています文書の作成

15 comments15コメント

    cho

    私はそれを手に入れない…。 \”ショートカットキー:20b5\”(スクリーンショット) 「Alt 0162」に等しい

    それを「Alt + 0162」とどうすれば決まりましたか。

    返事

    Brian Burgess

    最初のショットは単語のシンボルのレイアウトを示すだけです。 Alt + 0162リリースAltとCentシンボルが表示されます。

    返事

    cho

    それは私のポイントではありません。私はそれを明確に理解しています。

    私の質問は… 0162がセントサインを取得するために使用する \”Alt\”コードであることをどのように把握しましたか?

    それは夢の中に到着しましたか?

    返事

    dave

    文字マップを開き、シンボルをクリックすると、Alt + 0がある場合は?利用可能な組み合わせで、ウィンドウの右下に表示されます。

    例えば円記号については、「キーストローク:ALT + 0165」を読み込みます。

    返事

    tim

    単語を自分の文書を保存したいということは単語

    返事

    tim

    Number PadのOOPPPSSSは、今それを得ました

    返事

    TIMを追加してくれてありがとう。私は数字パッドからそれをやっていませんでしたが、今私はいます。ありがとう!

    クリス

    「Alt Code」は、「ASCIIコード」とも呼ばれ、「Alt Code」は長い間回り込みました。 Bell Companyとの電信に戻るだけではなく、行われていませんでした。 128文字(0~127)しかなかった。これらのうち33は、コントロール、大文字、小文字、数字0~9、および基本的な句読点サインでした。 1967年に、それらの128文字は英語で書く必要がある人はすべてでした。 1980年代のIBMS PCの開始は、より多くの文字が必要でした。 (キーボードはすでに128文字でマッピングされていました。それで、IBMは128から255のASCIIコードを128から255に拡張しました。他の言語、新しいシンボル、サインなどの必要な文字の追加は、よく知られていました。それからマイクロソフトが使用したときASCIIコードの独自の拡張子ですが、元のコードは非常によく知られていたため、マイクロソフトはそれらを使用し続け、コードの別の拡張子を作成しなければならず、それにさらに多くの文字を追加します。それはまだスノーボールを追加します。今ではコードとして知られていますページ(https://en.wikipedia.org/wiki/code_page.org/wiki/code_page)またはおそらく他の誰かが知りたいと思っていましたが、それでも理にかなったものから成長したかっただけです。https://en.wikipedia。 org / wiki / alt_code.

    返事

    vj

    ありがとう町 – 私は同じことを疑問に思いました。

    返事

    Robert

    ねえ、あなたはキャラクターマップを見つけた場所、eh?

    返事

    Pat Reader

    MacBookの空気でどのようにしますか。番号ロックがありません。

    返事

    dhiraj

    ALT155、

    ALT0165、

    ALT0162

    どちらもすべてを使うことができます…♥dj♥

    返事

    モーガン

    MacBook Airの場合は、Altをヒットしてから4

    返事

    チャーリー

    ?iTunesの曲のいくつかの価格は99¢ですか?。

    それがそうではない、「iTunesの曲のいくつかの価格は99♥」ですか?

    それとも、価格のどちらか。。。99¢です。

    返事

    プレニポテンシャル

    あなたは正しいチャーリーです

    返事

返信を残すキャンセル返信

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です