Office 2013 の標準 – ライセンス – オープン ビジネス

レビューを書くおよび/またはこの製品の評価のため、100 ポイントを受け取ることができます。

マイクロソフト オープン ビジネス プログラムを通じて Microsoft Office 標準 2013年ライセンス。

重要な注意: 最低 5 ライセンスが必要

Microsoft Office 標準 2013 ができます生産性ソリューションは、IT の成功に必要なものを見失うことがなく、今日のビジネス環境の課題に上昇します。office professional plus 2013 ボリュームライセンス 価格。オフィス標準 word 文書作成マーケティング資料のスライド ショーを見事なスプレッドシートを作成することができますで、すべてのノートを収集する場所。

MS Office 2013 の標準は次のとおりです。

  • Word
  • PowerPoint
  • Outlook
  • Excel
  • OneNote
  • Publisher

オープン ライセンスは 250 未満のデスクトップ Pc を持ち、5 つのライセンス数をご注文の規模小規模な組織です。オープン ライセンスの特典には、ソフトウェアを追跡および標準イメージを作成し、それを複数のマシンと 1 つのマシンから別のライセンスを転送する権利に配置するオンライン ツールと権限を使用してライセンスを管理する能力の小売価格の割引が含まれます。

office professional plus 2016 価格

  • BTPB7-86NGH-MPIND-PJHS5-5PXSO
  • T2FOQ-2E1KD-O1A7C-4DGA0-IMFAJ
  • CCYBC-SCUPS-IBONZ-6VMAN-ZKJ3X
  • G0COT-TXQJ9-Z4M9Z-LQVGX-AJP2R
  • HFK66-U79H1-OFARW-MMYF3-J8QOD
  • 5D8R1-IFRGU-CCFFL-4KQKG-PHU05
  • CJVTJ-Z7SAY-3SOCS-PM6J9-M3O97
Office をインストールする方法とは?

①すぐにダウンロード行う
②ディスクを購入
 ソフトウェアをダウンロードしない場合は、Office Professional 2013 のディスクを購入して届けてもらうことができます。
③ディスクに書き込む
ソフトウェアをダウンロードして、自分でディスクに書き込むことができます。office 2013 ライセンス 購入。ファイルのサイズが非常に大きくなるため、インターネットの接続速度によっては時間がかかる場合があります。

Office Professional 2013

-最上位エディションのOffice

Word、Excel、Outlook、PowerPoint、Onenote、Access、Publisherがついている最上位エディション。

Office 統合製品ラインナップ

Microsoft Office 製品概要 Personal Home and Business Professional Professional アカデミック
Word 2013 文書作成
Excel 2013 表計算
Outlook 2013 メール?スケジュール管理
PowerPoint 2013 プレゼンテーション
Onenote 2013 デジタルノート
Access 2013 データベース
Publisher 2013 カタログ/チラシ作成

次期Officeの特長

基本機能?操作性の向上「クイックスタート」

(拡大して見る) スタート画面で魅力的なテンプレート、豊富なテーマが表示され、これを利用することでドキュメントの作成作業をスムーズに開始できます。

クラウド連携でビジネスシーンがより快適に

新しいOfficeでは、ファイルのデフォルトの保存場所がクラウド (マイクロソフトのストレージサービス「SkyDrive」) になります。
クラウドに保存することで、資料をどっさり詰め込んで持ち歩いていたカバンもすっきり。office home and business 2013 ダウンロード版 価格。それだけではありません。次のように、これまで不可能だった多くのことが可能になります。

マルチデバイス対応でビジネスがより快適に「タッチモード」

(拡大して見る) メニューやカラーパレット、ミニツールバーなども、タッチで操作するにはやや難しい大きさです。これらはユーザーが何らかのアクションを起こしたときに表示されるため、そのアクションがタッチ操作か、マウス操作かを判別し、タッチモードのオン/オフを自動で切り替えることができるようになりました。

Word新機能のご紹介

オブジェクトのレイアウト変更が簡単に出来る 「ライブレイアウト」

(拡大して見る) 画像を移動すると、文字は画像の周囲に再配置されます。Word 2013 では、画像を移動している最中に文字がどのように回り込むかをリアルタイムで表示するため、配置される場所を推測しながら移動できます。
また、画像を選択するとレイアウトオプションのアイコンが表示され、文字列の折り返し方法をその場で変更することが可能です。

Excel新機能のご紹介

大量のデータを瞬時に入力できる 「フラッシュフィル」

(拡大して見る) 名簿などで、氏名が姓と名に分けて入力されているデータを、後から 1 つのセルにまとめる場合に、フラッシュフィルを利用すると、データの先頭と 2 行目のセルに入力するだけで自動的に残りのデータを入力することができます。
フラッシュフィルは、入力したデータの規則性を認識し、必要とするデータを瞬時に入力する機能です。

PowerPoint新機能のご紹介

画像から色を簡単に抜き取れる 「スポイト」

(拡大して見る) スライドで使用している色を他の文字の色や図形の塗りつぶしの色として使用したい場合、スポイトを使用すると、文字や図形などをクリックするだけで色のコピーが簡単に行えます。

プレゼンテーションがスマートにできる 「発表者ビュー」

(拡大して見る) スクリーンを使ってプレゼンテーションを行う場合、スクリーンには、オーディエンス向けに発表中のスライドを映し、発表者用のPCのモニターには、ノートや次のスライド、タイマーなど発表者に必要な情報を表示することができます。スライドの拡大表示やレーザー ポインターもあり、プレゼンテーションを強力にサポートします。

One Note 2013のご紹介

One Noteとは、さまざまなメモやアイデアを1つに集約できるデジタルノートのソフトです。
One Noteなら、用途別のノートを1つのファイルで管理でき、セクションタブでインデックスのように区切れるため、情報が見つけやすくなっています。

タブレット端末でも快適に利用できる 「リングメニュー」

(拡大して見る) Windows 8向け One Noteでは、タブレット PCで快適に操作できるような工夫が多く準備されています。
その一例がリングメニューです。リングメニューを利用すると、タッチ操作で簡単に文字色などの書式を変更することができます。
※この操作は、タブレット PCでWindows 8向け One Note を利用した場合にできる操作です。

Access 2013のご紹介

作業を簡単に 「アプリケーション テンプレート」

カスタム アプリケーションを作成したり、エキスパートが設計した新しいアプリケーション テンプレートを参考にしたりすることで、簡単に作業を開始できます。

作業の効率化 「高速インポート」

Excel、SharePoint、ODBC、または既存の Access データベースからデータを移行し、新しい Access データベースを迅速に作成できます。

Publisher 2013のご紹介

作業の効率化 「新しいスタート画面」

新しいスタート画面では魅力的な新テンプレートによりユーザーにインスピレーションを提供します。さらに、最近使用したドキュメントをリスト表示することで、直ちに以前の作業に戻ることができます。

作業の効率化 「オンライン画像の取り込み」

オンライン状態では Publisher を使って、Facebook や Bing イメージ検索などのサービスが使用でき、デスクトップ、ノートパソコン、あるいは、タブレットにいったん保存することなく直接文書に置くことができます。

Office システム要件

OS(オペレーティング システム) Windows 7 または Windows 8、32 ビット版または 64 ビット版 OS のみ
CPU SSE2 対応の 1GHz プロセッサ
メモリ 1GB RAM(32ビット版)/ 2GB RAM(64ビット版)
ハードディスク 3GB の空きディスク領域
画面解像度 1024 × 576 以上(1366 × 768 推奨)
その他 ? Microsoft アカウント
? インターネット アクセス(インターネット サービス プロバイダーとの契約や接続に関する料金及び通信費用はお客様の負担になります)
? 一部の機能には追加ハードウェアまたは特定のハードウェア、あるいはサービスが必要な場合があります
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です